Japanese (Japan) phrases #1641-1660 for RealWorld Cursor Editor 2009.1

Log-in or register.

Back to all languages

Nr.Original expressionTranslated expression
1641
The window will automatically adjust the zoom to display the entire image.
ウィンドウにイメージ全体を表示するように自動的にズームを調整します。
info
1642
These commands will work with the extracted document part.
info
1643
This JavaScript code should use the Configuration object to define a configuration dialog. http://wiki.rw-designer.com/Operation_JScript
このJavaScriptコードは、構成ダイアログの定義に構成オブジェクトを使用しています。http://wiki.rw-designer.com/Operation_JScript 
info
1644
This area is too small for a custom configuration dialog. Click here to switch to table view.
この領域はダイアログには小さ過ぎます。ここをクリックで表示を切り替えます
info
1645
This area is too small for a custom configuration dialog.\n\nClick here to zoom in.
この領域はカスタム構成ダイアログには小過ぎます。ここをクリックして拡大してください
info
1646
This box allows you to display only files of selected types. When storing files, this box may influence the file format of the saved file.
このボックスで、選択された種類のファイルのみ表示することが出来ます。ここで選択された種類によっては、ファイル保存時に影響を与える可能性があります。
info
1647
This computer
このコンピュータ
info
1648
This field displays your current folder and allows you to quickly switch to parent folders.
このフィールドには、現在のフォルダが表示されています。すぐに親フォルダに切り替える事が出来ます。
info
1649
This function allows you to publish your cursor on the web.
ここからあなたのカーソルをウェブ上で一般公開できます。
info
1650
This is a live preview of the current cursor. The cursor may be resized to 32x32 pixels, because this is the only size supported by Windows.
これは現在使用しているカーソルのライブプレビューです。Windows で対応しているサイズ(32 x 32 ピクセル)にリサイズされているかもしれません。
info
1651
This list contains names of currently available layouts. Use the toolbar buttons above the box to control the layouts. Double-click an layout to configure it.
この一覧には、利用可能なレイアウト名が列挙されています。ツールバーボタンからレイアウトの制御、レイアウトのダブルクリックで構成をセットします。 
info
1652
This list shows currently installed custom icons.
このリストには、現在インストールされているカスタムアイコンが表示されています。
info
1653
This operation is performed on the extracted document part.
この操作は、抽出されたドキュメント部分に適用されます。
info
1654
This operation will be performed on the transformed document.
この操作は変換後のドキュメントに適用されます。
info
1655
This parameter controls the maximum coverage of each painted pattern.
このパラメータで、描画パターン毎の最大適用範囲を調整します。
info
1656
This software may be used freely for any legal purposes, including commercial applications. Installation package must NOT be redistributed without authors' permission.
このソフトウェアは、商用アプリケーションを含むすべての正当な目的において、すべて自由に使用することが出来ます。 ただし作者の許可なしでは、インストールパッケージの再配付をすることはできません。 
info
1657
This table shows file types supported by this application. Set a check mark to the left of a file type that should be associated in shell.
この表には、このアプリケーションで対応しているファイルの種類がすべて列挙されています。関連付けして使用したいファイルの種類の左にチェックを入れてください。
info
1658
This value constrols shadow density. Higher value means darker shadow.
この値で、影の濃度(密度)を調整します。- 値が高くなる程、より暗い影になります。
info
1659
This view allows you to modify raster images using drawing tools. Controls:\n - Zoom in and out by rotating mouse wheel. Pan by dragging with middle button (wheel) pressed. CTRL = smooth zoom.\n - Left mouse button activates the current edit tool. SHIFT and CTRL keys modify behavior of some tools.\n - Use right mouse button to perform mouse gestures. Right-click for context menu.
このビューで、描画ツールを使用してラスタイメージを変更します。- コントロール:\r\n - マウスホイールの回転で、拡大/縮小、中ボタン(ホイール)を押しながらドラッグでパン ( CTRL = スムーズ拡大)\r\n - 左マウスボタンで編集ツールをアクティブにします。SHIFT と CTRL キーで、いくつかのツールの振る舞いを変更します。\r\n - 右マウスボタン + マウスの移動で、マウスジェスチャが実行されます。また、右クリックでコンテキストメニューを表示します。\r\n
info
1660
This view displays hierarchical structure of the current document. Controls:\n - Click on an item with left mouse button to select it. Hold down CTRL or SHIFT to select multiple items.\n - Display context menu by right-clicking on an item.\n - To get more help for an item, move mouse over it and read the hint in status bar (the hint is not always available).
このビューでは、現在使用中のドキュメントの階層構造が表示されています。- コントロール:\r\n - アイテムを選択して左ボタンのクリックで確定、複数アイテムは CTRL または SHIFT を押しながら選択します。\r\n - アイテム上で右クリックすることで、コンテキストメニューが表示されます。\r\n - アイテム上にマウスを重ねた時、ステータスバーに詳細な説明が現れます(ヒントが利用可能な場合)
info
I wish there were...
What about ICL files?